a

                         倫理とは
                                33162182   深田雄哉
倫理とは、人間がみずからの最大限の善をなすことで、人間性を高めようとする試みのこと。
 それは倫理よりもむしろ宗教の問題ではないかという疑問があるが、倫理と宗教は、親せきと言っていいほど相互に深い関係にあるもの。 宗教とは、信者に善行をすすめ、信仰をつうじて人格の完成を呼びかけるもの。宗教は善をすすめ、悪を退けるべきだと強調する。宗教と倫理の違いは行為の究極的基準が、宗教では信仰だが、倫理では合理的に判断する。たとえば、飲酒を禁じる宗教の場合、合理的に判断すれば、適度な飲酒は精神的にも肉体的にも何ら害をおよぼさない。したがって、倫理学的にはいっさい飲酒すべきでないという規範を根拠付けることができない。しかし、宗教なら、飲酒を無条件に禁じることができる。裏を返せば、宗教が合理的判断を基準にしていない証拠でもある。この禁止は他者に強要しないかぎり信仰の自由範囲内にある。ユダヤ教イスラームでは、豚肉食が禁忌とされているが、牛や羊の肉が許容され、豚肉のみを禁止する合理的根拠はない。宗教のすすめる行為規範は、多くが倫理学と重なり合うが、かならずしも合理的判断に基づいているわけではない点で、倫理学とはことなる。合理的に根拠づけられるべき倫理規範に、信仰に由来する非合理的要素を混ぜることは許されない。信仰による根拠付けは、合理的思考ができれば誰でも理解できる一般的な理論をめざす倫理学説としては不適切である。合理的思考を思考実験で様々なケースを考えることができるかどうかが重要である。宗教の存在する理由は人間はロボットとは異なり、自らの意思で行為を選択することが日常生活に不可欠であり。選択には基準が必要であり、その基準を与えようとする知的営みが倫理である。人間が人間であることをやめない限り、倫理は必要不可欠である。では宗教は必要不可欠かというと、宗教を信仰しなくても人間と選択基準となる善を語ることはできる。神のような超越者に依拠することなく、人間にふさわしい規範を体系化できる。ところが宗教のない世界は原理的にありえる。死後の世界の恐怖があるから。古代のエピロクスは、推論で、死後の世界の恐怖を払拭できると考えた。すべての人が人間にもたらす最大の災いを死であると信じているが、じつは死とはなんでもない。我々が生きているときには死は訪れておらず、死が訪れた時には我々ははもういなくなっているのだから死について現在進行形で恐れる瞬間は一度としてない。これはエピロクスが魂の不死を信じない唯物論者だからできた持論である。死とは物質である身体の機能停止。心は身体の機能だから心も消失する。唯物論の立場に納得できれば、宗教は必要ない。しかしこの説が絶対的に証明できない。苦とは物理的には観測できない魂がじっさいにあり、何らかの形で存続するという理論も成り立つから。信仰とは現在の地球は、残念ながらユートピア的な理想状態であるとはいいがたい。それは圧倒的な貧富の差が拡大し続けているから。素晴らしい善人もいるが、人でなしの悪人もいる。悪人が栄えている現実も存在する。現世では悪人を懲らしめることができない。しかし神が見ているので、この世でどんなに悪が栄えようとも悪人も末路は地獄だ。逆に、この世でどんなに苦しく、理不尽な死を迎えようとも、誠実なものには天国の祝福が待っている。こうした信仰が貧しい人々にとって大きな慰めとなる。こうした信仰は、民衆の素朴な正義感の表明でもある。悪は衰退して善が栄えるべきという倫理が求める方向と一致している。宗教には望ましい行為規範を促進するという積極的な教育的効果があるともいえる。宗教への信仰は人間性の自然な発露である。宗教は、どこまでも物事の根源を問い詰めようとする哲学的思考のひとつのあらわれでもある。たとえば、私たちの世界は物理法則によって成り立つが、なぜそのような物理法則なのだろう、なぜ今あるような現実があるのだろうか、なぜ宇宙は現在のようなありかたなのだろうか。哲学は、このような疑問に対して、偶然と答える。が、この答えに納得できない人もいる。宇宙や物理法則が現在にようなありかたをしているのは偶然ではなく必然と考えるから。必然とは人知を超えた存在によって創造されたもの。物事の根源、本質への飽くなき探究心は人間性そのものであり、宗教は人間性に深く根差しているともいえる。つまり倫理とは倫ともがら理ことわり。ともがらとは関係性のこと、人間は常に関係性の中で生きている。関係性から完全に独立した人はいなく、人とのかかわりで大切なものは何か、その大まかな道筋を示すのが倫理です。 

ブランドマネジメント

ブランドマネジメント論 期末レポート  学籍番号33162182 深田雄哉

 

私が選んだ記事はマツキヨに学ぶブランド再生術です。

その概要は、2016年度に売上高で22年ぶりに首位から陥落した松本ホールディングスの1兆円企業を目指し、反転攻勢にのろしを上げたマツキヨからブランド再生術を学ぶというものです。マツキヨmatsukiyoとは、マツモトキヨシホールディングスが手掛けるプライベートブランドのこと。マツキヨは2017年から18年にかけ、世界的に権威のある広告やデザインのコンテストで賞を総なめにしている。その中でもマツキヨから発売されたトイレットペーパーは、パッケージデザインコンテスト「ペントアワード2017」のボディ部門でプラチナ賞、広告コンテスト「クリオ賞」のパッケージ部門で銀賞などを相次ぎ受賞した商品である。そのトイレットペーパーは、パッケージに大きなラジカセや赤ちゃん、果物や野菜の詰まった買い物袋などが印刷されており、普段トイレットペーパーは購入後に周囲の視線が気になるという点に目を付けて、気兼ねなく持ち運べることを狙ってデザインしたものです。マツキヨのトイレットペーパーは2017年1月に「マツモトキヨシ 南青山店」でお披露目された。無料で約200個配布するキャンペーンを実施したところ、わずか五分で在庫がなくなった。青山という都会的な立地にもかかわらず、商品を手にした誰もが周囲の視線を気にすることなく持ち帰った。

 ドラッグストアのプライベートブランドが世界的なデザインコンテストで脚光を浴びることはマツキヨらしさを取り戻している。マツモトキヨシホールディングス創業家の松本貴志氏の下、プライベートブランドをリプランディングし、それが奏功し、プライベートブランドは急成長している。リプランディングによって、10倍以上売れるようになった商品もある。マツモトキヨシホールディングスの売り上げ全体の10,1%はプライベートブランドのマツキヨで、これは業界内では最も高い数字である。

 22年ぶりの首位転落について、かつてマツキヨはユニークな広告宣伝活動でブランドの認知度を高めた。壁一面に商品を積み上げる陳列方法やデジタルサイネージを活用したPOP(店頭販促)を取り入れ、マツキヨならではの店舗作りに力を注いだ。

 NB(ナショナルブランド)を中心に取り扱う小売企業は品揃えが似通い、競争優位性を打ち出しにくく価格競争に陥りがちだ。こうした中「マツキヨ」という強力なブランドを持つことが競合との差異化につながり、企業の成長に大きく貢献した。1994年度にコクミンを抜いて業界一位にたったマツキヨはトップを走り続けた。

 ところが2016年度に状況が一変する。同年度のマツモトキヨシホールディングスの売上高は5351億円。それまで2位だったウェルシアホールディングスが6231億円で1位に躍り出た。相次ぐ企業買収による規模拡大によって、連結売上高でマツモトキヨシホールディングスを上回った。マツキヨが首位を明け渡すのは22年ぶりのことだ。2017年度にはサンドラッグにも抜かれ、ついに表彰台から転げ落ちた。

 予見はあり、常務の松本氏は以前から「マツキヨらしさの指標である「革新性」や卓越性」という点に課題がある」ことに強い危機感を覚えていた。食品を取り扱うドラッグストアが増え、コンビニエンスストア化が進む中で、消費者が店舗を選ぶ基準が品揃えや価格に移り変わっていった。かつての斬新で楽しくて、来店でわくわくするブランドとは程遠い存在になってしまった。

aa

商学部経営学科 学籍番号33162182 深田雄哉 流通政策レポート

  1. 流通政策に関して僕が関心を持ったのは垂直的制限行為についてです。
  2. 垂直的制限行為とはメーカー等の事業者が卸売業者や小売業者といった流通業者に対して、販売価格、取扱商品、販売地域、取引先等の制限これらの行為を総称して垂直的制限行為といいます。

日本史

学籍番号33162182 商学部 3年 深田雄哉

日本史(木曜1限) レポート名 博物館の見学

厳島神社宝物館 広島県廿日市市宮島町1

厳島神社の歴史 2018113日4日

厳島神社の宝物館を選んだ理由は最初、僕は地元にある兵庫県立歴史博物館にしようと思っていたのですが家族に日本史のレポートの話をすると、ちょうど旅行で広島に行くのでその時に厳島神社に行くからそこの宝物館について書けば?と言われ厳島神社の宝物館について書くことにしました。

厳島神社宝物館はコンクリートづくりで、漆および白堊塗装、屋根銅板葺になっています。

社殿との調和を考慮して、日本で初めてコンクリートに漆を塗って外観を木造建築らしくなっています。

宝物館には国宝にもなっている平家納経がありました。平家納経は1164年に厳島神社に奉納され、全体が完成したのが1167年。平安時代に多くの貴族たちの発願によって制作された装飾経と呼ばれる種類の経典の代表作だそうです。1954年には当時の工芸技術の高さ、素晴らしさを現代にまで伝える一級史料として、国宝に指定されました。現在も、厳島神社に所蔵されています。平家納経は、平家の一族が筆写したのですが、その中にはもちろん平清盛、嫡男の重盛、異母弟の頼盛や教盛などがいました。当時のセレブメンバーによる写経には数々の見どころがあります(引用http://日本の歴史.com/%e5%b9%b3%e5%ae%b6%e7%b4%8d%e7%b5%8c/

最初に平家納経を見たときは紙がキラキラして、字もとてもきれいで絵も全部輝いて見えレプリカとは思いませんでした。平家納経のことはあまり詳しいことはしらず、平家が書いていることぐらいしか知りませんでした。僕の家は般若心経なのでそれに詳しいおばあちゃんが平家納経には般若心経が書かれていると教えてもらいました。般若心経はおばあちゃんが仏壇の前で毎日唱えているので、覚えてしまってそれで興味を持ちました。気になったので調べてみると平家納経には謎があるそうです。

平家納経は平清盛が納めた、ということになっているのですがいつ納めたのかはハッキリとは分かっていません。またなぜ納めたか、もよく分からないそうです。あと33巻のうちの一つが清盛願文なのですが、清盛願文という清盛が厳島神社にどういう意図で奉納したのかを書いた文だそうで、これが般若心経や法華経の一つに入れるのって変だと思いました。まだわかってないこともたくさんあることがわかりました。清盛願文は後世に作られたともいわれているそうです。参考文献http://miya-jima.net/page/110.html

次に宝物館の中で印象に残ったのは源頼朝足利尊氏豊臣秀吉らの武器、武具、調度類、楽器などもありました。国宝にもなっている大鎧がたくさんありました。小桜韋黄返威鎧、紺糸威鎧、浅黄綾威鎧、黒韋威胴丸が国宝にもなっている鎧です。なかでも小桜韋黄返威鎧は源平の争乱期に発達し、豪壮な趣をもっています。社伝では源為朝所用のものとされ、数少ない平安時代の遺品のひとつで、厳星を打った円鉢の力強い兜です。

厳島神社の宝物館にはまだまだありました。重要文化財になっている木地塗螺鈿飾太刀、錦包籐巻太刀、狛犬、還城楽舞楽面があり、歴史を感じました。大体のものは平安時代のもので、ずっと昔にあったものが今は歴史になって、国の宝になったりしてとても日本の歴史に興味がわいてきました。

今回は厳島神社の宝物館に行くことになったのですが他の博物館にも行きたいと思えるほど今回の宝物館で、見たものや知ったことが心に残りました。いままで聞いたことはあるけど詳しいことは知らないものや聞いたこともないものを今回で学べたのは今後のことになにか生きそうだと思いました。

今までは博物館や資料館は興味がなく見るだけなら面白くないと思っていましたが、実際にモノを見ると前までの面白くないと思っていた気持ちとは違う、歴史の凄さ、昔の人の凄さを知れました。

 

a

サブカルチャーの実例
まず、サブカルチャーとは社会の正統的、伝統的な文化に対し、その社会に属するある特定の集団だけがもつ独特の文化のこと。  実例として1980年代に漫画やゲーム、アニメが爆発的な人気を誇るようになり、これが僕の思いついたサブカルチャーです。その他にはコスプレなどのオタク文化サブカルチャーに含まれる場合もあり、最近はハロウィンなんかの影響で一般的になりコスプレ自体もサブカルチャーとは言いにくい感じになってますが、未だ個人的にはサブカルチャーに近いイメージです。共通しているのは、比較的近年になってから登場した文化ということで、新しい文化のため、当然若者が中心になっているケースが多い。オタク文化が数年前まではそこまで有名じゃ無かったのですが、インターネットが普及してから一気にオタク文化が巨大化してきて、オタク文化サブカルチャーから一般的な文化に昇格した感覚があります。サブカルチャーは比較的新しく登場した独自性の文化であること。

企業

目に見えないものは、目に見えるものより大事なことが多いと思います。そして、その見えないものを見る方法方法があると僕は思います。人の心は目に見えませんが、心遣いは目に見え、人の思いも目に見えませんが、思いやりという形で見ることができます。また気という見えないものも同様に、気配りという形で見ることができます。そういう目に見えないものを、さまざまな形で見る。これが配慮であり、かつての日本に社会はそうやって穏やかな社会をつくってきたと思ってます。あうんの呼吸という言葉がありますが、ちょっとした思いやりと気遣いが世の中に満ちていけば、穏やかに暮らせる社会が実現するはずだと思います。僕もそうですが、人間は目に見えるものに意識が向き、つい心が囚われてしまうときがあります。本当は、目に見えないものがあって、見える形になっているのに、見えないものを無視してしまいます。仕事においてもそうだと思います。受注できた背景には、いろんな人の関わりがあって受注できているのです。一人だけの力で仕事が成立する時代ではありません。サッカーでもバスケット、野球でもバレーでも、ボールのパスがあってゴールがあるのです。ボールのパスはいわば仕事に拘わる人達のコミュニケーションです。パスをしないサッカーチームが勝てないのは当然でチーム力を高めるというのは、チームでゴールするという意識を高め、コミュニケーションを密にすることでもあるのです。

aa

本当に息をのむ程綺麗だった昔の人が、この世は神様が作ったって本気で思ったのも無理ないと思った 。

後で調べてこの映画が作られたときはCGのない時代に作られていたことがわかり驚きました。

旧約聖書の勉強になりました。キリスト教イスラム教もユダヤ教もこの旧約聖書から始まったと思いながら観賞できた。やっと授かった息子を生贄に差し出すのはひどいと思った。

神は天と地を創造し、海を作り光や闇を作り出したり神はすごいと改めておもった。

アダムとイブの出現から禁じられていたリンゴを食べてしまったことがきっかけで楽園を追放されてしまうエピソードは聞いたことがありかわいそうと思った。そしておそらくは一番知名度が高いであろうノアの方舟の伝説になかなかのウエートが占められていたのが特徴的だと思いました。

全知全能の神なのに、結局失敗してノア一家以外をすべて殺してしまい,アダムとイブみたいに1日で人間を作れるのだから、全部最初からやり直せばいいのになんて思っ,た。信心深く正直者のノア一家が救われることで信仰心を持たせることにつながるわけですがあまり釈然としませんでした。