商学部経営学科 学籍番号33162182 深田雄哉

 

1日本型取引慣行について 建値制とリベート製

 

建値制とはメーカーが消費者に対して公表するメーカー希望小売価格を基準(100%)として、そこから各卸売段階へとさかのぼるかたちで80%、70%とそれぞれの流通業者が受け取ることになる粗利益率を引き算しながら各取引段階での標準的な販売価格を提示する取引のこと メーカーが流通業界に大きな影響力を持っていたときには建値制は商慣行のひとつだったこと。

リベート製

正式の取引価格による決済が行われた一定期間後にそれを修正する目的で、メーカー(売り手)が受け取った代金の一部を書いてである流通業者に払い戻す慣行のこと通常の取引とは別に、取引終了後に一定期間をおいて支払われるもの。

「定価」とは、あらかじめ定められている販売価格のことです。独占禁止法上、書籍や新聞などを除いて、製造業者が販売店に対して定価やこれに近い表現で販売することを強制するのは禁止されています定価は、前もって定める価格のことですが、法律上「定価」が問題になるのは、独占禁止法上で定価販売が問題になる場合です。書籍や新聞以外のものを「定価」をつけて販売することは、違法になる可能性が高いと考えられ、その際の価格の定義として「定価」が用いられます。

定価販売が例外的に認められているのが、書籍や新聞です。これは、メーカーが小売価格(定価)を決めて、小売業者が定価販売するという「再販売価格維持制度」が独占禁止法で認められているというものです。

書籍や新聞は文化的側面が強く、価格競争にはなじまない性質を持ちます。多種多様な刊行物は同一の価格で提供していく必要があり、文化水準を維持するうえでも重要とされています。

2なぜ印象的だったか

リベートには販売のインセンティブになるとか、流通在庫の処分などの際に弾力的な価格運用を可能にするといった有用な面があるが、その半面、乱用すればメーカーの利益を圧迫し、安売りの原資となって長期的にはブランドイメージを損なうという危険もある。また、日本的な商慣行のもとでは、一時的なシェア拡大の代償としてリベートが複雑化・ブラックボックス化し、経営の障害となってしまうことも珍しくない。というのは、リベートの金額・条件は基本的に営業現場の判断で決められるため、そのままでは全体としての整合性がとれず、取引先の重要度との相関もバラバラになってしまうという問題があるし、リベートを廃止することでこれらの課題を解決しようという試みは、ここ20年来、さまざまな業種で続けられてきたと思う。リベートは対象製品や期間をしぼって明確な目的のもとで戦略的に展開するなら、マーケティング上も有用な手段である。。販売もリベートに頼るのではなく、まず商品力を向上させ、販促の手段としては広告や企画の内容で勝負してゆくことが本道であると思ったから。

1199

2018 1 11

リテールマネジメント概論 中間レポート 学籍番号33162182 深田雄哉

 

1エンパワーメントとはサービス提供者に意思決定の裁量権を与えることである。エンパワーメントを導入すると、サービス提供者は上司の指示をいちいち仰がなくても、サービス上の問題の解決方法を自ら見つけ出したり、顧客のニーズや要望に応える適切な意思決定をしたりすることができるようになる。

エンパワーメントは顧客のためにより良いサービスを創りだすとともに、仕事をとおしてサービス提供者自身の満足を高める効果もある。

エンパワーメントはサービス提供者に権限を与えて自主性を高める。

2エンパワーメントを実現しようとするならば、サービス提供者にやる気を起こさせるように、上司との関係や企業全体の仕組みを作り替える必要がある。

エンパワーメントを活用するシーンは、店内装飾、ディスプレイの改装、季節の食材の提案、陳列の変更、業務改善など、日常業務とは異なる複雑で創造的な仕事をするときである。創造的な仕事は1人でするだけではなく、職場のグループや上司と協力して進めることもあります。そうすれば1人で考えるよりもより良いアイデアを提案することもできるだろうし、仲間と一緒に仕事をすることで職場が楽しくなることも期待できる。エンパワーメントがうまく機能すると、サービス提供者の士気が高まり、積極的に創意工夫をするようになる。しかも、サービス提供者が楽しみながら仕事することで従業員満足が高まるとともに、顧客に楽しいと思われる店舗を作ることで顧客満足を高めることもできる。その結果、企業は高い成果をあげられるようになる。

 エンパワーメントはサービス提供者に権限を与えて自主性を高めることなので、エンパワーメントを導入するとサービス提供者はすぐにやる気を出して仕事してくれるものだと思われがちだ。しかし、サービス提供者の提案を拒んだり、サービス提供者が組織にとって不適切な提案をしたりすると、せっかく導入したエンパワーメントがうまく機能しなくなる。

 そこで、サービス提供者が適切に権限を行使できるように、サービス提供者の職場環境を整えておく必要がある。具体的には、上司の接し方を変え、組織を変革し、組織全体でエンパワーメントをうまく機能させる仕組みを作ることが求められる。

 エンパワーメントをうまく進めるには、従業員の自発性や自主行動を推奨する職場環境を整え、サービス提供者が適切に権限を使えるようにすることが大切。

ステークホルダーとは企業の経営活動に関わる利害関係者のことです。具体的には消費者や従業員、株主、取引先、地域社会、行政機関などがあります。行政機関などとされている。従来の日本企業」は終身雇用制度などをベースに、ステークホルダーの中で従業員を最も重視してきたとされます。それに対し、昨今はステークホルダーの中で株主を重視する欧米型の企業経営にシフトする動きが加速しています。 企業はこれらのステークホルダーとの対話を重ね、ステークホルダーからの期待を理解し、経営に反映できるところを積極的に反映し、企業価値の向上に取り組んでいくことが望まれます。  事業がグローバル化していくと、当然製品もグローバル市場に供給されるため、世界中の人々や団体がステークホルダーになりうる可能性があります。大事なのは、誰がどのような期待をなぜその企業に持っているのか、それを企業は改善ができそうかしっかりと判断し、経営に反映できることは反映することです。難しい場合であれば、どう難しくて何故、取り入れなれなかったかを説明することが非常に重要です。それも、単に企業側だけの判断だけではなく、ステークホルダーを巻き込みながら、一緒に考え、どこまでできるかを相手にも理解してもらうことが非常に重要です。ステークホルダーは企業活動をしていくうえで、影響を与え合う相手だという意味を理解し、誠実に向き合い、信頼関係を構築していくための重要なパートナーだと言えます

 

私が興味を持ったのはギリシャ神話です。ギリシャ神話は古代ギリシアより語り伝えられる伝承文化で、多くの神々が登場し、人間のように愛憎劇を繰り広げる物語である。ギリシャ神話とも言う。ギリシア神話は、ローマ神話の体系化と発展を促進した。プらトーン、古代ギリシアの哲学や思想、ヘレニズム時代の宗教や世界観、キリスト教神学の成立など、多方面に影響を与え、西欧の精神的な脊柱の一つとなった。中世においても神話は伝承され続け、その後のルネサンス期、近世の思想や芸術にとって、ギリシア神話はインスピレーションの源泉であった。古代ギリシア人は他の民族と同様に、世界は原初の時代より存在したものであるとの素朴な思考を持っていた。しかし、ゼウスを主神とするコスモスの観念が成立するにつれ、おのずと哲学的な構想を持つ世界の始原神話が語られるようになった。それらは代表的に四種類のものが知られるヘーシオドスは古代オリエントなどの神話の影響を受けたと考えられ、後に「混沌」と解釈されるカオスが最初に存在したとしている。ただし、彼はカオスを混沌の意味では使っていない。それは空隙であり、カズムとも呼ばれる。その後、大地が万物の初源としてカオスのなかに存在を現し、天との交わりによって様々な神々を生み出したとされる。ウーラノス、クロノス、そしてゼウスにわたる三代の王権の遷移がここで語られることになる.他方、ヘーシオドスは、上記とは起源が異なると考えられる、自然哲学的構想を備えた世界の始源神話を同じ『神統記』においてうたっている。胸広きガイアが存在し、それと共に、地下の幽冥タルタロスと何よりも美しいエロースが生まれたとする。原初にエロースが生まれたとするのは、オルペウス教の始原神話に通じている。エロースは生殖にあって大きな役割を果たし、それ故、愛が最初に存在したとする.第三の宇宙観は哲学的・宗教的に体系化されていたと考えられ、オルペウス教が基盤を置いた、あるいはこの宗教が提唱した世界の初源神話である。オルペウス教は多様な神話を持っており、断片的な複数の文書が伝える内容には異同がある。その特徴としては、原初に水や泥があり、大地も存在し、クロノス=時ウーラノスの子のクロノス やエローが原初にあった。そして「原初の卵」が語られ、他のギリシア神は語られない、パネースあるいはプロートゴノスが存在したとする以上に挙げた世界の始原神話以外に、第四のものとして、ホメーロスが『イーリアス』でうたっている、より古く単純とも言える始原についての神話がある。それは万物のはじめにオーケアノスが存在したという神話で、彼と共に妻テーテュースが存在したとされる。この両神の交わりより、多数の神や世界の要素が生み出されて来たとするこれは素朴な神話で海岸部の住民が信じていた始原神話と考えられる。

 

 

メモ

私が興味を持ったのはギリシャ神話です。

ギリシャ神話は古代ギリシアより語り伝えられる伝承文化で、多くの神々が登場し、人間のように愛憎劇を繰り広げる物語である。ギリシャ神話とも言う。

ギリシア神話は、ローマ神話の体系化と発展を促進した。プらトーン、古代ギリシアの哲学や思想、ヘレニズム時代の宗教や世界観、キリスト教神学の成立など、多方面に影響を与え、西欧の精神的な脊柱の一つとなった。中世においても神話は伝承され続け、その後のルネサンス期、近世の思想や芸術にとって、ギリシア神話はインスピレーションの源泉であった。

古代ギリシア人は他の民族と同様に、世界は原初の時代より存在したものであるとの素朴な

思考を持っていた。しかし、ゼウスを主神とするコスモスの観念が成立

するにつれ、おのずと哲学的な構想を持つ世界の始原神話が語られるようになった。それ

らは代表的に四種類のものが知られる

ヘーシオドスは古代オリエントなどの神話の影響を受けたと考えられ、後に「混沌」と解釈されるカオスが最初に存在したとしている。ただし、彼はカオスを混沌の意味では使っていない。それは空隙であり、カズムとも呼ばれる。その後、大地が万物の初源としてカオスのなかに存在を現し、天との交わりによって様々な神々を生み出したとされる。ウーラノス、クロノス、そしてゼウスにわたる三代の王権の遷移がここで語られることになる.他方、ヘーシオドスは、上記とは起源が異なると考えられる、自然哲学的構想を備えた世界の始源神話を同じ『神統記』においてうたっている。胸広きガイアが存在し、それと共に、地下の幽冥タルタロスと何よりも美しいエロースが生まれたとする。原初にエロースが生まれたとするのは、オルペウス教の始原神話に通じている。エロースは生殖にあって大きな役割を果たし、それ故、愛が最初に存在したとする.第三の宇宙観は哲学的・宗教的に体系化されていたと考えられ、オルペウス教が基盤を置いた、あるいはこの宗教が提唱した世界の初源神話である。オルペウス教は多様な神話を持っており、断片的な複数の文書が伝える内容には異同がある。その特徴としては、原初に水や泥があり、大地も存在し、クロノス=時ウーラノスの子のクロノス やエローが原初にあった。そして「原初の卵」が語られ、他のギリシア神は語られない、パネースあるいはプロートゴノスが存在したとする以上に挙げた世界の始原神話以外に、第四のものとして、ホメーロスが『イーリアス』でうたっている、より古く単純とも言える始原についての神話がある。それは万物のはじめにオーケアノスが存在したという神話で、彼と共に妻テーテュースが存在したとされる。この両神の交わりより、多数の神や世界の要素が生み出されて来たとするこれは素朴な神話で海岸部の住民が信じていた始原神話と考えられる。

 

 

大会レポ

1月26日 

トレカセブン

参加者 25人

使用デッキ 赤緑ギフト

1回戦 ジャンク ○○

2回戦 連ドラ  ×○○

3回戦 ゼニス  ○○

4回戦 扉  ○○

5回戦 赤緑ギフト ○××

結果 2位

BBP買ったら源氏のおもろい絵のやつ当たったww