ステークホルダーとは企業の経営活動に関わる利害関係者のことです。具体的には消費者や従業員、株主、取引先、地域社会、行政機関などがあります。行政機関などとされている。従来の日本企業」は終身雇用制度などをベースに、ステークホルダーの中で従業員を最も重視してきたとされます。それに対し、昨今はステークホルダーの中で株主を重視する欧米型の企業経営にシフトする動きが加速しています。 企業はこれらのステークホルダーとの対話を重ね、ステークホルダーからの期待を理解し、経営に反映できるところを積極的に反映し、企業価値の向上に取り組んでいくことが望まれます。  事業がグローバル化していくと、当然製品もグローバル市場に供給されるため、世界中の人々や団体がステークホルダーになりうる可能性があります。大事なのは、誰がどのような期待をなぜその企業に持っているのか、それを企業は改善ができそうかしっかりと判断し、経営に反映できることは反映することです。難しい場合であれば、どう難しくて何故、取り入れなれなかったかを説明することが非常に重要です。それも、単に企業側だけの判断だけではなく、ステークホルダーを巻き込みながら、一緒に考え、どこまでできるかを相手にも理解してもらうことが非常に重要です。ステークホルダーは企業活動をしていくうえで、影響を与え合う相手だという意味を理解し、誠実に向き合い、信頼関係を構築していくための重要なパートナーだと言えます