a

サブカルチャーの実例
まず、サブカルチャーとは社会の正統的、伝統的な文化に対し、その社会に属するある特定の集団だけがもつ独特の文化のこと。  実例として1980年代に漫画やゲーム、アニメが爆発的な人気を誇るようになり、これが僕の思いついたサブカルチャーです。その他にはコスプレなどのオタク文化サブカルチャーに含まれる場合もあり、最近はハロウィンなんかの影響で一般的になりコスプレ自体もサブカルチャーとは言いにくい感じになってますが、未だ個人的にはサブカルチャーに近いイメージです。共通しているのは、比較的近年になってから登場した文化ということで、新しい文化のため、当然若者が中心になっているケースが多い。オタク文化が数年前まではそこまで有名じゃ無かったのですが、インターネットが普及してから一気にオタク文化が巨大化してきて、オタク文化サブカルチャーから一般的な文化に昇格した感覚があります。サブカルチャーは比較的新しく登場した独自性の文化であること。