aes

学籍番号33162182                     深田雄哉             

映画を見て気づいたこと感じたこと

主人公は、料理することが好きで腕もいい料理人だけど恋人を養っていくには料理人ではダメで仕方なく違う仕事をしたけどそこでたまたま有名な料理人と出会い自分のしたかった仕事をすることになり、最終的には三ツ星レストランの料理長にまでなり、作り話だとは言え自分のしたくないことをするよりも本当にしたいことをしたほうが1度しかない人生なのでいいなと改めて思いました。
今まで何回も三ツ星を取っている料理人だけどいざ審査するときは緊張をして審査員に出す料理の案がなかなかでず、何十時間も試作を重ね、失敗しライバルである料理人の偵察に行ったりと三ツ星は料理人にとって最高の名誉だと思いました。 最高の料理を作る料理人でもさらなる進化や新しい味を求められ調査員の来る日を恐れていて、今まで何年も三ツ星だったのにもし星が減ったら自分の名誉が傷つくというプレッシャーの中で最高の料理を作れる人が三ツ星にふさわしいのかなと思った。
何時間も努力し、いいアイデアをだし、食材同士のマッチ具合を何回も試し料理人は本当に大変だと思いました。イメージですが、有名な日本料理、そばや寿司などはあまり食材同士を合わせて作らないイメージなので、フランス料理はソースを作るのにもたくさんの食材や調味料を使って作り、スープもいろんな食材から作り、食に対するこだわりがすごいと思った。 デザイン化されて料理で絵をかいたようなものが多くて、ソースは線描きのように散らして、味はもちろん、色もきれいでこれが三ツ星競争の中で切磋琢磨して進化した創作フランス料理なのかなと感じました。
三ツ星を取ることは簡単ではなく、いろんな人の協力があって取れると思いました。
料理シーンだけでなく家族の大切さや家族と同じぐらい料理が好きということが映画を見てそう感じました。
それと同時に1日のほとんどをメニューの試作など料理のことばかりでプライベートな時間が取れず、映画内でも恋人とけんかや娘と言い争いになるシーンもあり、大変な職業だと思いました。